副作用を把握する

フィンペシアなどの治療薬を用いて薄毛の治療を考えた場合に、何よりもまず知っておかなければならないのが、副作用についてです。どのような治療薬にも副作用は存在しているため副作用についての知識が重要なのです。

育てることも大切

治療薬を利用すれば、抜け毛を防ぐといったことは可能になります。しかし、そこから髪を効果的に成長させるかどうかは、その人次第です。育毛剤はその髪の成長を効率的にサポートしてもらえるのです。

効果を高める

どれだけ有名な皮膚科で発毛治療を受けたとしても、その効果を確実に実感出来るとは限りません。頭皮環境を適切に整えて発毛に臨む事によって、効果をより実感する事ができるようになるのです。

原因を知る

薄毛の原因は様々あります。薄毛の原因はそれぞれ違うので、把握しておく必要があります。薄毛の治療を専門に行なっている皮膚科でカウンセリングを受けて、原因を知り適切な治療を受けましょう。

薄毛は薬で治せる

薄毛・抜け毛治療のための飲み薬

AGAと呼ばれる男性型脱毛症は主として中年期以降の男性に見られる、頭頂部が薄くなったり前額部の生え際が後退したりする症状です。このAGAの治療薬としてはフィナステリドという飲み薬が開発されており、日本でも承認薬として医師の処方によって入手可能ですが、ジェネリック医薬品も数多く出回っっています。そんなジェネリック医薬品の1つで、日本では個人輸入等で入手できる製品がフィンペシアです。フィンペシアは承認薬と同じフィナステリドを主成分とした薬で、インドの製薬メーカーにおいて製造・販売されています。個人輸入する場合の価格は輸入経路等によってまちまちですが、1箱30錠入りタイプで2,000〜2,500円程度が平均的な相場です(2015年3月現在)。

作用のメカニズムと副作用について

フィンペシアの主成分であるフィナステリドは、もともとは前立腺肥大症の治療薬として研究が続けられていました。しかし臨床試験の過程でAGAに対する改善効果が認められたため、アメリカでは1997年に、日本では2005年にAGA治療薬として承認されたという経緯を持っています。AGAはジヒドテストステロンという男性ホルモンの一種が原因物質として関わっているとされていますが、フィナステリドはこのジヒドテストステロンの生成を抑制する働きを持っています。この働きによって抜け毛を防ぎ、新たに生えてきた毛の生育を助けます。フィンペシアには服用の際、胃部不快感や性欲減退等の副作用が想定されています。ただし試験段階ではこれらの副作用の発現率はプラセボ(偽薬)の服用者とほとんど変わらなかったとの報告もあります。また重大な副作用として肝機能障害について言及されることがありますが、この副作用の発症率については具体的な報告がありません。